相続税の支払いに際してすべき準備と、税理士報酬

母が先日他界しました。現在相続会議をしていますが、今から相続税が払えるか不安です。相続税の計算はどのようになされるのでしょうか。また税理士報酬はどの程度になるのでしょうか。

まず、相続税の支払い時期は、被相続人の死亡時から10ヶ月が目安になります。その時点までに被相続人の個人財産などを計算して個人所得税を申請することも必要になりますし、色々することは多いです。

相続税の支払いだけに関して言えば、実は支払う人というのはあまり多くないのです。というのも、相続税には基本控除額が存在し、相続財産全体がその金額を超えていなければ相続税が発生しないのです。計算方法としては、5000万+1000万×法定相続人の人数という式になります。相続財産がこれを超えているのであれば、超えている金額に相続人が実際に相続した割合をかけて、さらにそれに控除などの計算をした後のものが実際の支払額になるのです。

さらに、さまざまな相続税の控除制度も存在しています。そういったものを使えば意外と金額は抑えられるのです。まずは専門家に相談してみてください。税理士報酬は相続財産の総額によって決まってきます。お電話されてみれば税理士報酬の見積もりなどを受けることも可能かと思います。もちろん当法律事務所でも相談を受け付けております。